MENU

初デートで「また誘いたい!」と思わせる会話テクニックとは

恋活や婚活で、幸い男性との出会いの機会が持つことができて、初デートとなれば嬉しいものですね。
楽しい時間を過ごして、「この人が私の彼氏なんだわ」と思っていたのに、何故かその後連絡が途絶えて自然消滅してしまった、ということはありませんか。
男性に取り立てて不満そうな表情も無かったのにどうして、と思うことでしょう。
しかし、実は初デートの時に、知らずに決定的なミスをしてしまったのかも知れません。
初デートを成功させて、次のデートにつなげるテクニックについて考えてみましょう。

 

1. 彼の身辺調査の質問をしないこと

 

初デートで、彼の仕事の内容や年収、学歴までならともかくも、彼の両親や家族についてもあれこれと質問するのはNGです。
ひたすら条件の良い男性を探して結婚したいだけで、恋愛は二の次ではないかと思われてしまうからです。
初デートでは、相手の話を聞くことを中心にして、面接のような質問攻めはしないようにしましょう。
彼がどんな人となりなのか、性格なのか、話し方はどうなのか、一緒にいて楽しい人か、まずは雰囲気と相性を確かめることが先なのです。

 

2.過去の恋愛歴について語らない

 

最近の若い女性にありがちなのですが、「元カレ」について話すことに躊躇のない人もいます。
しかし、初めて会う男性に自分の恋愛歴を話したところで不快になるだけだということを覚えておきましょう。
また、男性に対しても過去の恋愛について質問しないようにしましょう。
これから二人で新しい恋愛歴を刻んでいくことになるかも知れません、二人で共有している空間を大切にしましょう。

 

3. 仕事の話をしない

 

お互いキャリア志向だと、つい仕事の話に熱が入ってしまうかも知れません。
しかし、女性があまり仕事について語ってしまうと、男性からは「プライドが高いのでは」と思われてしまいます。
また、男性よりも役職が上だったりすると、敬遠されてしまうものです。
どんな業種でどんな内容の仕事をしているのか程度に留め、専門的な用語や仕事へのグチなどは言わずにおきましょう。

 

4.携帯はしまっておきましょう

 

デートで携帯を見っ放しでは、非常識です。
携帯はしまっておくか、トイレで速やかに見るようにしましょう。

 

終わりに

 

初デートで自分をどんなキャラで男性に見せようか、とても迷うものです。
自分らしくで構わないのですが、いつもより3割減で控え目に、謙虚でいましょう。
もしも今後お付き合いが続くようなら、「実はネコ被っていた部分があって・・」と、可愛らしくカミングアウトしていくと好感度が高くなりますよ。